PC購入2007年12月05日 16時06分13秒

ブログも放置状態でしたが、久々の更新です。
5年前に自作したPCもプラグインソフトの多用で、厳しくなり、 ここ1年間はだましだまし使用していたものの、いよいよ音飛びが頻繁に発生するようになったので、新しく購入した。
とはいうものの、相変わらず、金銭的に苦しいので前回と同じく、自作といいたいところだが、5年前と状況は変わり、PC本体を購入するのとあまり変わらない価格になってしまうのが現状だ。
今回はパソコン工房が発売しているMT7シリーズをカスタマイズして注文した。スペックは

インテル(R) Core 2 Duo E6750(2.66GHz) /1333MHzFSB/L2 キャッシュ 4MB
インテル(R) P35 Express チップセット
DDR2 667 1GB [デュアルチャネル] +512MB×2 (計3GB)
320GB 7200rpm Serial-ATA II ×2
18倍速スーパーマルチドライブ
GeForce 8400GS 256MB

OSは対応が遅れているVistaはやめ、XPに、価格を少しでも抑えようと、メモリ1GBとハードディスクの1台は別にパーツとして購入し、自分で取り付けた。
購入してから気がついたのだが、シリアルATAのハードディスクは別にケーブルを購入する必要があった。カスタマイズで単体パーツと2千円の価格差があったのはケーブルの価格が大きいかもしれない。

さすがパーツ屋さん(語弊があるかもしれないが)が作ったPC、説明書もなく、簡単なCDROMでのガイドのみ。DELLなどとは違いOSはネットでの認証方式で、まさにパーツを組んで、OSをインストールした後の自作PCの状態だ。
もちろんよけいな広告やソフトも入っていないが、唯一ノートンのセキュリティーソフトが邪魔だった。
早速ネットワークの設定をしようとしたが、ネットにつながるものの、もう1台のPCにつながらない。
なんとなく、うざいなと思っていたノートンをアンインストールしたところ、すぐにつながった。
セキュリティーソフトはいろいろと邪魔をすることがおおいので、本当に注意が必要だ。

オーディオカードは当面新調しないことを前提にXPパソコンにしたわけだが、
PCIスロットにオーディオカードを取り付けてドライバをインストール。
しかし、いつまでたってもカードを認識してくれない。
最初はPCの不具合を疑ったが、すぐにPCIのSCSIカードをインストールしてみたが、しっかりと認識。
これは。。。。。。。。。
すかさず、MOTUのHPをチェック。
XPのドライバ情報を見ても対応済みのドライバはインストールしてあるはず。
なにげにトラブル情報をチェックしたところ。
なな、なんとDDRのメモリに対応していないことが判明。(泣)
まさかメモリのシステムにより対応しないことがあるとは。。。。

対応のカードは登録ユーザ限定で、4万7千円。
中古で購入したので、これも無理。
後は後継機種のmKⅢを購入するしかないが、実売価格14~15万円。
今回購入したPCのおよそ1.5倍だ。
これはとても現在購入できる価格ではない。
どうしたらよいものか。。。。。。

システム全体の見直しを含めて1日検討してみた。
いまどき、アナログ24chに出力してアナログでミックスするのも古いし、システムを更新するのもお金がかかる。
どうせなら、デジタルミキサーやフィジカルコントローラなどによる完全デジタルのシステムに移行するのも手かと。
しかし、いずれにしても手持ちのお金が。。。。

長年愛用しているマッキーミキサーをながめながら、こいつをオークションで売ればいくらになるだろうと、検索 してみたら、なんと5~6万で取引歴があった。ならば、オーディオカードやA/Dコンバータ、使用していない機材を売れば、なんとか10万にはなるはず。。。。
オーディオインターフェース付きフィジカルコントローラの導入を決意する。

続く。。。

M-AUDIO ProjectMix I/O2007年12月09日 23時16分29秒

いろいろと悩んだ結果、ProjectMix I/Oというフィジカルコントローラとオーディオインターフェースが一体になったものを購入した。

比較対象になったのは、YAMAHAの01XとTASCAMのFW1884だ。
01Xはバンドメンバーも所有しており、リヴァーブ内蔵のデジタルミキサーとして使用できるのが優れているが、リヴァーブは現在まで愛用しているアウトボードを使いたいため、出力が2chしかないので、候補からはずれた。
FW1884が一番入出力が多いので、第一候補だったが、一番古い製品なのか、どこの楽器屋にもおいてなかった。
残るはM-AUDIOのProjectMix I/O一つになってしまったが、幸い渋谷のロックオンに数台在庫があるということで、仕事帰りによってみた。
残念ながら実際に作動させることは出来なかったが、質感とかデザインや
つまみのレイアウトは良かった。
なにげにdigi003に似たデザインだと思ったが、それもそのはず、M-AUDIOはDIGIDESIGNの傘下に入っているとのこと。
いわばdigi003の廉価バージョンか。
取り敢えず、カードにてその場でお持ち帰り。。。。

とにかく今まで、24chミキサーをオーディオインターフェースなどにつなぎ、ラックの裏から何十本とケーブルを配線していたので、まずはProjectMixをつなぐまえにミキサーの処分から始まった。
ケーブルをはずし、オークションで売るために箱詰め、何日かかけてようやくProjectMixを作動させることが出来た。

土曜日にはゆっくりと実際にマルチトラックを再生してミックスダウンのテストを行うつもりだった。
アウトボードをProjectMixに取り込むようセッティングし、Cubaseの外部エフェクトの設定をしているときだった。
突然、Cubaseがフリーズ、どうなっているのかと首をひねっている間にPCがシャットダウン。あわてて電源を入れ直したが、今度はProjectMixが立ち上がらない。(汗) なんと全く電源が入らなくなってしまったのだ。
ひょっとして不良品?。
すかさず販売店に連絡したら、初期不良の可能性が高いと。。。。
日曜日はお店が休みなので、また月曜の仕事帰りに渋谷までいくことになってしまった。(涙)
とりあえず、在庫はまだあるようなので、新品と交換してもらう予定です。(不幸中の幸いか)

一難去ってまた一難。ようやくオークションの準備もでき、金銭的には何とか目処が立ってきたところなのに。。。。。

ともあれ処分中の機材はこちらです。
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/ma_kaneta
もし必要なものがあれば入札よろしくお願いいたします。

続く。。。。。。

機材のリニューアル2007年12月17日 23時57分56秒

ProjectMixの交換も無事終了し、古い機材もオークションで売却。トラブルはあったものの、2週間でようやく録音ができる環境が整った。

何せ以前はアナログの24chをミキサーとパッチベイの間をマルチケーブルで引き回していたため、とんでもない数のケーブルがラックの裏に存在していた。
もちろん一旦全てのケーブルを外し、新たな機材をつないでいくわけだ。
ProjectMixはやろうと思えば、パソコンとケーブル1本で何もかもやれる分けだが、デジタルミキサーとしての機能はおまけ的なもの。
しかも、ギターを弾いているとどうしてもレイテンシー(デジタル処理の関係で若干出音が遅れる)が生じてしまうため、慣れるまで違和感がある。
そこでSR24は売却してしまったので、古い20年前のタスカムのミキサーを引っ張り出してきた。
何もそんな古い機材を使わず、コンパクトなミキサーが安価ででているが、金銭的な問題もあり、なんと言っても今では珍しいアナログメーターが4機もついているので、これを利用しない手はない。

写真で見ても新旧の機材が並んでいるのは妙な違和感があって、それもまた面白い。
流石に10年以上使用していなかったこともあり、ヴォリュームなどはガリがでているが、モニター用として使用するので、録音のクオリティーにはさほど問題がない。

そんな中、フロントに端子がついている最近のミキサーとは違い、全て裏側にケーブルを差さなければならないので、またまたマルチケーブルをラックの裏に引き回すことに。。。。
何年かぶりの大がかりな配線に、何日もかけ、終いには筋肉痛になる始末。しかも狭い中の配線は目を近づけて端子を探さなければならず、こんなところで老眼鏡のお世話に。。。。

いつもは機材を増やすたびにケーブルが足りなくなる。
しかも、長さが足りなかったりした使わないケーブルも増えていく。
今回はなるべく工夫して、新しいケーブルは購入せず、なんとか古いケーブルで配線をすませ、オークションでも3本ほどケーブルを処分したにもかかわらず、段ボール一箱で足りないくらいのケーブルがたまってしまった。
これらを一度に購入すると幾らくらいするのだろうと思うとぞっとする。
こんなところで散財しているのだなと思ってしまった。

オークションは思いの外、高額で処分でき、落札手数料を差っ引いても総額でProjectMixの価格を上回り、なんとか金銭的危機は脱した。
中には買った値段よりも高く売れたものもあり、ラッキーだった。
とはいえ、ここのところの音楽機材も値上げ傾向に。。。
高く売れた機材も値上がりしているが故の落札価格。
ProjectMixも昨年値上がりしており、こんなところにも値上げラッシュの影響がでているかと思えば、両手放しで喜んでいられない今日この頃である。

ProjectMixの使用感などについてはまた後日に。