機材のリニューアル2007年12月17日 23時57分56秒

ProjectMixの交換も無事終了し、古い機材もオークションで売却。トラブルはあったものの、2週間でようやく録音ができる環境が整った。

何せ以前はアナログの24chをミキサーとパッチベイの間をマルチケーブルで引き回していたため、とんでもない数のケーブルがラックの裏に存在していた。
もちろん一旦全てのケーブルを外し、新たな機材をつないでいくわけだ。
ProjectMixはやろうと思えば、パソコンとケーブル1本で何もかもやれる分けだが、デジタルミキサーとしての機能はおまけ的なもの。
しかも、ギターを弾いているとどうしてもレイテンシー(デジタル処理の関係で若干出音が遅れる)が生じてしまうため、慣れるまで違和感がある。
そこでSR24は売却してしまったので、古い20年前のタスカムのミキサーを引っ張り出してきた。
何もそんな古い機材を使わず、コンパクトなミキサーが安価ででているが、金銭的な問題もあり、なんと言っても今では珍しいアナログメーターが4機もついているので、これを利用しない手はない。

写真で見ても新旧の機材が並んでいるのは妙な違和感があって、それもまた面白い。
流石に10年以上使用していなかったこともあり、ヴォリュームなどはガリがでているが、モニター用として使用するので、録音のクオリティーにはさほど問題がない。

そんな中、フロントに端子がついている最近のミキサーとは違い、全て裏側にケーブルを差さなければならないので、またまたマルチケーブルをラックの裏に引き回すことに。。。。
何年かぶりの大がかりな配線に、何日もかけ、終いには筋肉痛になる始末。しかも狭い中の配線は目を近づけて端子を探さなければならず、こんなところで老眼鏡のお世話に。。。。

いつもは機材を増やすたびにケーブルが足りなくなる。
しかも、長さが足りなかったりした使わないケーブルも増えていく。
今回はなるべく工夫して、新しいケーブルは購入せず、なんとか古いケーブルで配線をすませ、オークションでも3本ほどケーブルを処分したにもかかわらず、段ボール一箱で足りないくらいのケーブルがたまってしまった。
これらを一度に購入すると幾らくらいするのだろうと思うとぞっとする。
こんなところで散財しているのだなと思ってしまった。

オークションは思いの外、高額で処分でき、落札手数料を差っ引いても総額でProjectMixの価格を上回り、なんとか金銭的危機は脱した。
中には買った値段よりも高く売れたものもあり、ラッキーだった。
とはいえ、ここのところの音楽機材も値上げ傾向に。。。
高く売れた機材も値上がりしているが故の落札価格。
ProjectMixも昨年値上がりしており、こんなところにも値上げラッシュの影響がでているかと思えば、両手放しで喜んでいられない今日この頃である。

ProjectMixの使用感などについてはまた後日に。

コメント

トラックバック