Cubase 52009年04月15日 18時25分48秒

ホームページ共々しばらく放置状態のブログ。
宅録もいよいよネタ切れで、何とかしたいと思っていた頃にCubase5が発売され、起爆剤になるかなと思い新機能に期待して、バージョンアップした。

なんといっても今回のバージョンアップで目玉の新機能はピッチ修正の機能だろう。
VariAudio機能といって、オーディオデータをまるでMIDIデータのようにクオンタイズしたりできるのである。
早速、旧作のヴォーカルに使いピッチ修正をしてみた。
これがなんとも簡単に修正できてしまった。
ピッチ&ワープモードをオンにするだけで、自動的にピッチを検出。
一目でピッチが確認できてしまう。
もちろんピッチのずれも発見できるので、そこを選択し、正しいピッチの方向にドラッグしてあげればたちまち修正完了。
中には同一音程上でピッチが上がったり下がったりしているのもあるが、そこはなめらかピッチ曲線スライダーをあげれば、ピッチのゆれも修正可能というわけだ。

機能的にはplug-inソフトのMELODYNEと同じようなものであるらしい。
同じくピッチ修正ソフトのAutoTuneのようなエフェクト的にリアルタイムで修正するものではない。
その分、実にナチュラルに修正することができる。
AutoTuneは以前何度か使ったことがあるが、最近流行のロボットボイス的なサウンドが好きになれず、自然なピッチ修正は逆に手間がかかるので、全く使わなくなった。
その後はもっぱら自らピッチの悪いところを耳で検出し、部分的にピッチシフトを手動でかけていたが、これも非常に手間がかかっていた。

今回はおそらくその10分の1以下の時間で修正でき、しかもピッチの修正漏れがかなり無くなるはずだと思っている。
まあ、ピッチをはずさず、歌えるのに越したことはないのだが、自らのヴォーカルを修正してみるとなんとまあ、修正箇所の多いこと。。。。
また、修正後のヴォーカルを聞いてみるといかにピッチの正確さが大事かが判ってしまう結果に。。。。
こんな便利な機能を使わないで、ぴったりと歌ってみたいものである。
とはいえ、以前のヴォーカルをこの機能でチェックしてみて、より完成度の高いミックスをいずれしてみたいと思うこの頃である。

ピッチの修正の話ばかりになってしまったが、今回新たにサンプリングリブァーブが加わっている。
サンプリングリブァーブとは実際のホールやスタジオの残響をサンプリングしたリブァーブのことらしい。
プリセットにLAスタジオや日本のスタジオ、有名どころのホールの名前がいくつかあった。
実際スタジオのプリセットをかけてみたが、これが実に自然な響きをしている。
今までのリブァーブはどこかチープな感じがしていて好きではなかったが、これならアウトボードのリブァーブはいらないかもしれない。
またまた、ミックスダウンの楽しみが増えた感じである。

さておき、ホームページも昔のハードディスクレコーダによる録音時のもののままで、いずれ近いうちにはDAWの制作記事を載せたいと考えている。
DAWによるメリット、デメリット。
いや、デメリットなんてほとんど無いかも。
なんとかDAWによる制作の有効性が表現できないかと思っているのだが、未だにアイデアが浮かんでいない状態。。。。。
いずれにしても、現在の環境に即したホームページに前面リニューアルする予定です。
かなり時間がかかるとは思いますが、いつの日かこうご期待。